皮脂欠乏性の概要

肌が乾燥してカサカサになる皮脂欠乏症とは

皮脂欠乏症とは、皮膚表面の脂分が減少することで水分が減少し乾燥してしまう病気です。表面がカサカサになり、粉をふいたようになったり、ひび割れができたりするのです。それらの症状が、痛みやかゆみを引き起こします。

皮膚の一番外側にある角質層は、健康な状態ならば水分を保ち、外からの刺激を守ります。乾燥してしまうと、角質層に隙間ができてしまい水分が、蒸発しやすくなるのです。

水分が不足すると、外からの刺激を受けやすくなり、かゆみを感じる神経線維の数が増加します。それらが肌表面に向けて延びるため、痛みにも敏感になります。その結果、かゆみなどの症状が現れるのです。

皮脂欠乏症の主な原因は、2つあり、ひとつは加齢によるものです。個人差はあるものの、高齢になれば、ほぼ全ての人に皮脂の欠乏が見られるようになります。

もうひとつは、過剰な清潔志向による体の洗い過ぎや、冷暖房の効かせすぎです。生活習慣が原因で、特に湿度が低下する冬季に多く見られます。

治療法は投薬のほか、日常生活の見直しが効果的です。入浴時は39度から40度程度のぬるめのお湯で、長くても15分を目安として長湯は避けるようにしましょう。

体を洗うときは、刺激の少ない石鹸を使用し、皮膚を擦らないようにしましょう。

皮脂欠乏性の治療薬

皮脂欠乏症の治療の基本は、保湿して皮膚の乾燥を抑えることにあります。治療薬としては、ヒルドイドなどの保湿剤があります。

入浴後の肌がしっとりしている状態で、皮膚に塗るタイプが多いです。ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。保湿剤による治療は、比較的軽度な皮脂欠乏症の場合に有効です。

しかし、症状が悪化している場合は、医療機関での診察が必要となります。赤い湿疹がある場合には、保湿剤に加えて、ステロイド外用薬が処方されるのです。

強いかゆみを伴う場合は、必要な期間だけ、抗ヒスタミン薬と呼ばれるかゆみ止めの内服薬を併用することがあります。

また、かゆみがある場合は、アクリルやナイロンなどの化学繊維の衣類は、かゆみを誘発させてしまうことがあります。肌に直接着用することは避けるようにして、保湿効果の高い木綿素材の上から着用しましょう。

皮脂欠乏症は、高齢者はもちろんのこと、冬季には多くのひとが患っています。特に、エアコンは、室内の空気を乾燥させてしまうので、注意が必要です。加湿器や水を入れたボウルなどを室内に置くようにすると、乾燥を予防することができます。

皮脂欠乏性を起こす主な外的原因

皮膚欠乏症を起こす主な外的要因は、皮膚の水分量や皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質が外気や外部の刺激です。皮膚欠乏症は、皮膚がひどく乾燥する状態でからだを洗いすぎることなどが原因で起こります。

例えば、お湯や洗剤に多く触れる人は、皮脂欠乏症を起こしやすいといわれています。洗剤や熱いシャワーやお風呂、長時間の入浴も外的要因です。

刺激の少ない石鹸やボディーソープを良く泡立ててお肌に負担がかからないようにやさしく洗うことがポイントです。洗剤を使う時は、綿の手袋をしてからゴム手袋を用いると皮膚欠乏症を予防することができます。

乾燥も外的要因になりますので、加湿器を使用して室内の湿度に注意することも大切です。お肌に刺激が少ない綿素材の下着や寝具を選ぶことも大切といわれています。

皮脂欠乏症の症状が軽い場合は、生活習慣を改善することで皮膚のバリア機能を高めて症状を緩和することができます。誤ったケアや洗い方で皮膚の状態を悪化させてしまいますので、注意することが大切といわれています。

皮脂欠乏性を起こす主な外的原因

皮脂欠乏症は、外的な原因によって、皮脂や水分量、天然保湿因子が減少して生じます。老化やアトピー性皮膚炎で皮膚の表面がガサガサになっていたり、白い粉をふいたような症状を起こしたりします。

症状には個人差があります。基本的には、皮脂や角質層の細胞間物質などの分泌が低下している高齢者に多く発生するのです。

高齢者だけではなく、アレルギー体質の人は皮脂欠乏症が生じるといわれています。手洗い石鹸を頻繁に使用する場合も、乾燥を起こして皮脂欠乏症が発生します。

特に、外気が乾燥しやすい冬は、腰やでん部、ひざから足首までの部分がかゆくなることが多いです。乾燥性の皮膚炎が疑われる場合は、皮脂欠乏症の可能性があります。

このように、皮脂欠乏症は、外気や乾燥といった外的な原因で発生するといわれていますが、老化やアトピー性皮膚炎、アレルギー体質の方も生じやすいといわれています。

外的刺激や体質的な要因だけではなく、職業的や水や紙を触れることが多い人にも生じやすいです。普段から皮膚のケアを行ったり予防しましょう。