皮脂欠乏性は強いかゆみの症状を起こす

皮脂欠乏性の身体的に起こる症状

皮脂欠乏性の主な症状は、乾燥と角質が剥がれ落ちることです。

この時点でかゆみが出るようになります。放置していると炎症がひどくなり皮膚の赤みも目立ちます。皮膚が亀の甲羅のようになってしまうことも珍しくありません。

ただの乾燥だと思ってそのままにすることで、重症化してしまう人が多いです。皮脂欠乏性は、お肌が乾燥しやすい人や、高齢者に多いと言われています。

重症化すると皮脂欠乏性湿疹と呼ばれる状態になるのです。寝ている時にかゆみで目が覚めてしまいます。この状態になると、出血やびらんといった症状が出るようになるのです。

もしこのような状態になったらできるだけ早く受診することが大切です。症状を食い止めそれ以上進行させないようにすることができます。塗り薬などで改善し、乾燥しないように保湿することが重要になります。

一度起きると再発しやすいので、日頃からのケアが欠かせません。常に体の状態を意識して、いつもと異なる点がないかを確認しましょう。

皮脂欠乏性の発症部位や症状の出る季節など特徴

皮脂欠乏性が起きる季節は、空気が乾燥する冬がピークです。冬場は多くの患者さんがかゆみなどの症状に悩まされ、皮脂腺の少ない部位に出ます。

特に足に発症することが多く、かいてしまって全体が赤くなる人も少なくありません。その他に起こりやすい部位としては、手足や背中、腰などがあげられます。

ただ、最近は、夏でもエアコンの使用などで空気が乾燥していることがあります。冬だけ注意するのではなく、年間を通して注意することでピークを迎える冬を快適に過ごせるようになるでしょう。

皮脂欠乏性対策では保湿ケアが欠かせません。かゆくなる部位だけでなく皮脂の少ない部位を広範囲に塗ることで予防することができます。

長時間の入浴などはお肌を乾燥させる原因です。日常生活の中の細かなポイントを知ることが大切とされています。乾燥しやすい部屋であれば、加湿器を取り入れるなどの工夫も必要です。