皮脂欠乏性は治療しないとヒドイ肌トラブルになる

皮脂欠乏性を治療しないと肌の水分が失われる

肌の表面は皮脂によって細菌やウイルスなどの外敵から守られています。また、水分が蒸発するのを防ぎます。

皮脂欠乏症になってその皮脂が失われてしまうと、肌の水分がどんどん失われて日々荒れていきます。そして、細菌などがその隙間に入り込み炎症(皮膚欠乏症湿疹)などの肌トラブルを引き起こすのです。

肌の乾燥は自然に改善されていくものではありません。時間の経過とともに悪化していきます。湿疹は赤く腫れたり痒みを伴うので、こらえられずに掻くと皮膚は壊されるのです。また、刺激によってさらに痒みが増してしまいます。

激しく掻きむしった部分は、跡が残ってしまうので見た目も悪くなります。症状は、冬のように空気が乾燥している時期や、血行がよくなったときに悪化するのです。

初期の状態であれば、保湿クリームなどでも症状を抑えることができます。放置して重症化してしまうと、ステロイドで治療する事になるのです。

皮脂欠乏性の治療は皮膚科で行う

皮脂欠乏症になったときには、専門家に見てもらうのが一番です。

自分で治療をしようとすると、かえって悪化させてしまう事があるからです。

皮膚の病気に詳しい専門クリニックあるいは病院の皮膚科を受診しましょう。皮脂欠乏症は、ステロイド外用剤や抗アレルギー剤を使って鎮めていきます。

他にも、肌の乾燥を防ぐための保湿剤が処方されます。処方される保湿薬は、市販されているものよりも効果が高いです。早期に治療を行えば、それだけ高い効果を見込めます。

また、病院では、皮脂欠乏症の発症原因を調べられます。その原因を突き止めることで、根本的な治療を行うことができるのです。

病院に行くことで、温度や湿度の管理方法、入浴をする上での注意点などを教えてもらえます。