皮脂欠乏性を悪化させないように予防はしっかり

皮脂欠乏性を予防するためのポイント

皮脂欠乏性は、その名前の通り身体の表面から出る皮脂が足りなくなって、肌がひび割れたりするものです。

主に高齢者に多い症状で、分泌する機能が低下するのが原因です。

急に発症するのではなく、段階的に表れます。スキンケアなどで肌を保護する機能を補ってあげれば、ある程度の予防が可能です。

栄養が偏った食生活や、睡眠不足など生活習慣の乱れは皮脂の生成に影響することがあります。

身体の機能に関係するものなので、理想的な生活をして全体的に健康であることが対策として望ましいです。

皮脂欠乏性は、特に空気が乾燥している冬場に起こりやすいと言われています。温度調節に最適なエアコンもそれに拍車をかける恐れがあるのです。

皮脂の生成には個人差があるため、高齢者だけでなく、若者にも起こります。

エアコンに加湿機能が付いているのであれば、積極的に活用しましょう。なければ別の方法で空気中の水分が失われないようにするのです。

皮脂欠乏性の対策のポイント

もしも皮脂欠乏性になってしまった場合は、環境を変えて、悪化を防ぐことが肝心です。

環境を維持したままだと、ひび割れが湿疹などに発展する怖れがあります。

極力肌に刺激を与えないようにするために、衣類の見直しも時には有効的です。

できるだけ柔らかく、チクチクしない素材のものにしましょう。

そして、肌の表面が乾燥しているのが原因なので、生活空間の湿度を高めて、自然と潤うような状況を作り上げましょう。

加湿器などの設置が有効です。また、外の湿度が低い時に窓を開けるなどして、部屋を乾燥させてしまわないようにしましょう。

また、入浴時は皮脂を落としてしまう石鹸をなるべく使わないようにしましょう。あかすり状になっていて、肌に刺激を与えやすいナイロンタオルも柔らかい素材のものを使うのです。

お風呂上がりは水分が失われやすいので、すぐに保湿対策を行いましょう。